新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染の現在の状況を踏まえ、今シーズンの開催にあたって、感染予防と流行拡大防止のため以下の対策を実施いたします。
●開催地が属する自治体の方針に従うことが前提になるため、直前であっても大会の延期や中止の可能性があります。
●「大会前14日間の検温など健康状態確認」を行ってください。
●選手は会場内でマスク着用をお願いします。移動中や駐車場での個人活動はこの限りではありません。
●コース上練習および競技中はマスク不要です。
●自宅以外での宿泊は、感染症拡大リスクを十分に考慮し、節度ある行動をお願いします。
●会場までの移動においては、他施設に立ち寄ることを極力控えるようお願いします。
●選手には練習、試合とも、メガネやアイウェアの着用を推奨します。
●唾や痰をはくことを極力行わないでください。
●コールアップから、おおむね保温のための上着を脱ぐスタート3分前までは、マスク、タオルなどで口元を覆ってください。
●観客の方も応援ではマスク着用をお願いします。
●過度な喜びの表現(ハグやハイタッチなど)は控えてください。
●受付等で示す待機線(ソーシャルディスタンス)に従ってください。
●以下に該当する方は来場をご遠慮ください。
・発熱や咳などの風邪症状がある方
・嗅覚や味覚に異常の自覚がある方
・新型コロナウイルス感染症の患者と濃厚接触のある方
・大会前14日間に入国制限のある国や地域へ渡航した方、帰国後の観察期間を要請されている方
●その他、詳細な要綱はAJOCCよりアナウンスされている感染症対策に対するガイドラインを必ずご覧ください。

※PDFが開きます。

スケジュール&エントリー

#2 芦屋ステージ

 

#3 芦屋ステージ

 

#4 吉無田高原ステージ

 

#1 平尾台ステージ

 

シクロクロスにチャレンジしてみませんか?

シクロクロスってどんな競技なの、どんな遊びなの?というあなた。
簡単に言うと自転車の障害物競走。規定時間内に周回コースでの着順を競う競技です。マウンテンバイクでもクロスバイクでもファットバイクでも参加可能。まずはお気軽にC4(カテゴリー4)クラスにエントリーしてください。
競技時間は30分。楽し苦しの30分を体験してくださいね。

シクロクロスとは

もともとロードレース選手のオフトレーニングの一環として始まった、秋冬がシーズンのオフロード自転車競技。
ヨーロッパ各国はもとより、北米や豪州、そして日本においても秋冬の自転車競技として確立している。
シクロクロス選手の多くは他の自転車競技(ロードレースやマウンテンバイク、トライアスロンなど)と並行して参戦している事が多い。
それは、シクロクロス特有のオフロード走行がパワーの向上とコントロール技術の上達につながり、さらに危機回避能力の向上にも役立つからと言われている。様々なライダーが続々とシクロクロスに挑戦し、人気と競技レベルの向上に拍車をかけ、愛好者も年々増加している。